平成28年度岩手県水産試験研究評価結果報告

PDFファイルはダウンロードページにあります。


平成 28 年度岩手県水産試験研究評価結果報告

平成28年7月22日 外部委員会による主要研究課題の評価を実施。

  • 評価・意見等
    • 常に、本県漁業において課題とされる現場ニーズにあったテーマの調査研究を実施しているとともに、現場に向けてその成果を積極的に発信しており、特に震災からの復興に向けた本県漁業の大きな力となっている。今後とも、本県漁業の発展に向け、更なる復興支援強化の取組や新たに生じることが想定される多くの課題解決に向け、取り組んでいくことを期待する。
    • いわての水産業発展のために素晴らしい調査、研究、開発が活かされること、そのための予算が確保されること、そして水産業に携わる後継者、人材が育つようないわての取組に期待する。
    • 研究評価シート(事後評価)の目標達成度は「達成」が最高の評価となっているが、目標以上に成果が得られた場合の評価を考慮する必要があると考える。
    • 評価項目の 1 の評価に関しては評価者が既に県の政策・施策の内容を熟知している必要があり、評価会の実施の時間的制約もあり、十分な説明があったとは言い難い。次回の評価に際しては事前にこの点の説明を事務局から評価者にしておく必要があるのではと感じた。評価会の実施内容は機関評価実施要領に乗っ取って実施されており適切であった。
  • 評価結果報告書の全文はダウンロードページにあるPDFファイルを参照