ニュースNo6

PDFファイルはダウンロードページにあります。

Pocket

平成29年11月28日発行

平成29年度農林水産部長表彰受賞課題
新たなワカメ人工種苗生産技術「フリー種苗と半フリー種苗」について

はじめに

 岩手県の養殖ワカメ生産量は全国1位となっていますが、もっとも多かった1980年代の約4万トンに対し、震災後は1万5千トンにまで減少しています。そこで、生産量を増やすため、より早く大きなワカメを育てる養殖技術を開発しました。この技術は今年度の農林水産部長表彰を受賞しました。

研究の概要

フリー種苗

半フリー種苗

半フリー種苗は、フリー種苗の改良型で、巻き込み作業が楽にできます。

フリー種苗・半フリー種苗のメリット

1.優れた形質のワカメを選択的に種苗として用いることができる。
2.海上施設において種苗を保苗する作業が不要。
3.葉長3~5cm程度まで陸上水槽で育成するので、芽落ちしない十分な大きさの種苗ができる。
4.種苗が大きく、種糸への巻き込み作業が楽にでき、密度を調整すれば間引き作業が不要になる。
5.沖出しサイズが大きいので、早く大きくなり収穫量増加が見込める。