各部紹介-漁業資源部

PDFファイルはダウンロードページにあります。

Pocket

漁業資源部

漁業資源部では、水産資源管理技術の開発や秋サケ増殖技術の開発に努めているほか、市況情報、人工衛星水温画像等のリアルタイム提供を行っています。

現在の主な研究業務

1 資源管理型漁業の推進
2 秋サケ資源回復に関する研究
3 漁海況予報の技術開発および情報発信

主な研究成果

1 浮き魚類(サバ、イワシ、スルメイカ、サンマ、ブリ等)に係る試験研究(昭和53年~現在)
我が国周辺漁業資源の適切な保存及び合理的かつ持続的な利用を図るために必要な資源の診断、動向予測、最適管理手法の検討を目的とし、解析に用いる基礎資料の収集、整理を行うとともに、本県近海における主要魚種の漁況予測を行うための資料としています。
2 地域重要資源に係る試験研究
ヒラメ、アイナメ、ミズダコ、ケガニ、マダラ等の底魚資源の水準と漁獲水準の評価を進め、適切な資源利用を達成するための管理技術を提案しています。
3 秋サケ稚魚耳石温度標識魚の放流(H13~現在)
太平洋サケ資源回復緊急対策事業により、(独)さけ・ます資源管理センターが実施主体となって片岸川において耳石温度標識手法による大量放流調査を開始しました。同標識放流調査はH14に国の委託事業が終了後も、さけますセンター(H18年度に改組)と唐丹町漁協との連携のもと、放流後の稚魚の移動と成長、親魚の回帰状況をモニタリングする目的で継続しているほか、標識魚の放流にともなって、漁業指導調査船岩手丸、北上丸による沿岸幼稚魚追跡調査、餌料となる動物プランクトンの現存量調査を開始しています。
4 漁海況予報の技術開発および情報発信
複数の人工衛星画像と漁場データを組み合わせた浮魚漁場の推定方法を開発しています。また、沖合水の沿岸への波及構造を解析して、沿岸漁業生産の変動要因との関連を解明しているほか、各種情報を漁業関係者へ提供しています。

※漁業資源部へのお問い合わせ
電話番号:0193-26-7915