2014年度冷水情報No4

PDFファイルはダウンロードページにあります。


平成26年3月26日

1.冷水の状況

社団法人漁業情報サービスセンター(JAFIC)の海況日報によると、5度以下の冷水が本県沿岸のほぼ全域に接岸してから3月25日で2週間以上経ちました。
3月24、25日に行った「岩手丸」の沿岸海洋観測によると重茂沖、首埼沖の水深50m以浅と大船渡湾口の水深30m以浅に沿岸親潮水(塩分33未満)を確認しました。いずれも水深10~30mの水温は2度台になっています。
3月26日8時の定地水温観測結果では、野田湾と重茂が3度台、釜石湾と越喜来湾が4度台になっております。東から西へ向かう風が強くなった場合など、湾内水温がさらに低下する可能性がありますので、今後の動向に注意してください。

2.今後の対応

ワカメ養殖業者におかれましては、「わかめ異常冷水マニュアル」に従い、地先漁場水温、栄養塩、ワカメpH等の観測など客観的数値情報の把握に努めてください。

3.その他

当所では、ホームページ「いわて大漁ナビ」及び「いわて大漁ナビ携帯版」において表面水温画像および湾内水温情報を配信しておりますのでご利用ください。

定地水温(3月26日午前8時)

野田湾5m(注1) 重茂1m(注2) 釜石湾3m(注1) 越喜来湾1m(注2)
現年(単位:度) 3.3 3.2 4 4.3

注1:食料生産地域再生のための先端技術展開事業において整備した水温観測機。
注2:東北区水産研究所水温観測ブイ。

お問い合わせ:漁業資源部

TEL:0193-26-7915
FAX:0193-26-7910