2016年度岩手県秋サケ回帰予報

PDFファイルはダウンロードページにあります。

Pocket

平成28年8月1日

予測期間:平成28年9月~平成29年2月
予測海域:岩手県沿岸

秋サケ回帰予測尾数(範囲):392万尾(200~609万尾)

秋サケ回帰予測重量(範囲):12,476トン(6,019~20,446トン)

回帰時期:12月上旬中心
今年度の回帰の回帰資源量は、震災前震災前5ヶ年平均の半分以下と予測され、依然として低い水準にあります。このため、採卵計画の達成が難しくなる可能性があります。
サケ資源の回復を図るため、種卵確保に向けた関係者の皆様の協力が必要となります。

1.平成28年度の予測結果

回帰数量・重量の推定

過去の幼稚魚調査の結果と昨年度の年齢別漁獲数量から、平成28年度の本県秋サケ回帰数量を推定したところ、392万尾、12,476トンとなり、平成27年度実績と比べて若干上回るものの、震災前の平均値(平成18~22年度の平均値。以下同じ)を大きく下回る見込みです(表1)。また、年齢別にみると、5歳魚(平成23年級)が前年よりも増加しますが、各年齢とも、震災前の平均値と比較して依然少ない見通しです(表2)。
なお、4・5歳魚として回帰する平成24・23年級が採卵された年は、いずれの年も親魚の回帰重量が1万トンを下回っており、種卵の確保が困難な年であったこと、さらに稚魚の放流数が震災前に比べて7割程度であることから、その影響も懸念されます。
表1 平成28年度予測値、平成27・26年度実績値及び震災前の平均値

平成28年度
予測値(95%予測範囲)
平成27年度
実績値
平成26年度
実績値
震災前の
平均値
回帰尾数(万尾) 392
(200~609)
310 526 836
回帰重量(トン) 12,476
(6,019~20,446)
9,536 17,575 26,741

表2 3~5 歳魚の平成28年度予測値、平成27・26年度実績値及び震災前の平均値

平成28年度
予測値
平成27年度
実績値
平成26年
実績値
震災前の
平均値
3歳魚(千尾) 248 350 413 588
4歳魚(千尾) 2,249 2,056 1,514 4,456
5歳魚(千尾) 1,326 485 3,110 3,097

回帰時期の推定

3~5年前の卵収容実績と過去の旬別河川回帰率から、平成28年度の回帰時期は12月上旬が中心になると予測されます(図1)。平成27年度の回帰実績と比べると10月中旬から11月上旬の、平成26年度と比べると10月下旬から12月上旬の回帰尾数が減少することが予測されます。

160801ketaforecast001

図1 平成28年度旬別沿岸回帰予測と平成27・26年度旬別沿岸回帰実績


過去5年間の年間の平均旬別河川そ上率から算出される平成28年度の旬別河川そ上尾数は、12月中旬を極端なピークとする約50万尾(予測下限値26万尾程度)と推定されます(図2)。これは、4・5歳魚として回帰する平成24・23年級の採卵時期が漁の後半に片寄った結果と考えられます。
平成27年度の実績値と同様に9月上旬から11月下旬にかけて低水準で推移すること、平成26年度と比較すると11月中旬から12月上旬にかけて減少することから、前期群及び中期群の種卵確保が困難になると予想されます。
160801ketaforecast002

図2 平成28年度旬別河川そ上予測と平成27・26年度旬別河川そ上実績

2.予測方法

秋サケ回帰予測尾数の予測では、2歳魚から6歳魚までの年齢別回帰尾数を計算し、最後にすべての年齢予測値を合計して予測尾数としています。
なお、平成28年度においては、近年の低い資源状態にあわせた推定を行うため、平成18年級以降のデータだけを使用する方法に変更しました。

2歳魚と3歳魚の推定方法

2歳魚と3歳魚の回帰尾数予測には、岩手県沿岸におけるサケ幼稚魚の分布密度調査の結果を用いてます。分布密度調査は、平成15年以降、5月下旬から6月上旬頃にかけて、漁業指導調査船岩手丸により実施しています。
平成19年(平成18年級)以降、分布密度は低下傾向にあります(図3)。
2歳魚と3歳魚の予測では、これまでの調査で得られた同一の年級の幼稚魚の分布密度と回帰尾数の関係式に、今年度回帰する平成25、26年級の幼稚魚分布密度を代入して予測尾数を算出しています。

160801ketaforecast003

図3 岩手県沿岸域におけるサケ幼稚魚の分布密度の年変化

4歳魚~6歳魚の推定方法

4歳から6歳魚の予測では、年級(生まれた年)毎の年齢別回帰尾数のデータを用いています。
このため、毎年、県内の各河川にそ上した親魚の鱗を用いて年齢査定を行い、回帰した親魚の年齢組成結果から、年級毎の年齢別回帰尾数をとりまめています(図4)。
4~6歳魚の回帰尾数の予測については、同一年級のn-1歳魚とn歳魚(図5は、3歳魚と4歳魚の比較例)の1次回帰式を求め、昨年度n-1歳で回帰した尾数を代入して今年度n歳魚の予測尾数を算出しました。

160801ketaforecast004

図4 年級別年齢別回帰尾数の推移

回帰時期の推定方法

回帰時期の予測は、上述の方法で回帰尾数の総数を算出した後、3~5年間のふ化場毎の卵収容実績や旬別の河川回帰率などを勘案し、回帰尾数の総数を旬別に振り分けています。

重量の推定方法

これまでの調査結果により、片岸川、織笠川、及び津軽石川における3歳魚の平均体重(雌雄込み)と翌年度の全年齢の平均魚体重の関係式を求めています。(図6)
秋サケ回帰予測尾数は、回帰予測尾数に、この平均魚体重を乗じて求めました。