2016年度漁況情報No21

PDFファイルはダウンロードページにあります。


平成28年12月1日発行

タコ類(かご)の水揚が多くなっています。

アキサケ(定置網)、スルメイカ(底びき網)の水揚が過去5年平均と比べ、少なくなっています。

スルメイカ(いか釣)の水揚がほぼ皆無となっております。

1.水揚状況(県内主要6港集計値)

11月下旬までの県内主要6港(久慈、宮古、山田、大槌、釜石、大船渡)における水揚状況を取りまとめた結果をお知らせ致します。

2.調査結果、その他の情報(ブリの測定結果)

ご意見等は、漁業資源部(担当:及川・川島)までお寄せ下さい。