2017年海況速報No10

PDFファイルはダウンロードページにあります。


平成29年3月14日

1. 本県沿岸10海里(19km)以内の表面水温は、県北部で6~7℃台、県中部で7~8℃台、県南部で8℃台。先週は、県北部で7~8℃台、県中部で8~9℃台、県南部で7~8℃台。また、前年は、県北部で7~9℃台、県中部で7~11℃台、県南部で8~10℃台。

2. 5℃以下の水帯は、道東沖に広く分布し、襟裳岬を南下した水帯の先端は鮫角沖30海里(56km)にあるほか、鮫角沖270~320海里(500~592km)から南西に進行した水帯は尾埼沖90海里(167km)で分断されながら、塩屋埼沖70海里(130km)まで南下している。また、分断された水帯は椿島沖50海里(93km)まで接近している。なお、前年の同水帯は、道東沖から広く南下しており、襟裳岬から南下した水帯の先端は尻屋埼沖90海里(167km)にあった。また、分断された小規模な水域が鮫角沖90海里(167km)にあった。

3. 10℃以上の水帯は、閉伊埼沖から洋野町沖の40~100海里(74~185km)にかけて暖水域を形成している。また、塩屋埼から東北東方向に分布している。なお、前年の同水帯は、県南部から県中部の距岸10海里(19km)以内に接近しながら北上し、その先端は黒埼沖20海里(37km)にあった。