2017年海況速報No13

PDFファイルはダウンロードページにあります。


平成29年4月4日

1. 本県沿岸10海里(19km)以内の表面水温は、県北部で7~8℃台、県中部で7~10℃台、県南部で8~10℃台。先週は、県北部で5~8℃台、県中部及び県南部で8℃台。また、前年は、県北部で8℃台、県中部及び県南部で8~9℃台。

2. 5℃以下の水帯は、鮫角沖110~170海里(204~315km)から南下しており、その先端は相馬原釜沖190海里(352km)にある。また、鮫角沖から黒埼沖の20~90海里(37~167km)に分断された冷水域を形成している。なお、前年の同水帯は、北海道沿岸に広く分布していたほか、尻屋埼沖210~320海里(389~592km)から南西方向に進行し、その南端は唐桑半島沖160海里(296km)にあった。

3. 10℃以上の水帯は、塩屋埼沖180海里(333km)から北西方向に進行し、椿島沖からトドヶ埼沖の距岸10~20海里(19~37km)に接近し、その北端は真埼沖40海里(74km)にある。また、椿島沖から塩屋埼東北東沖の10~80海里(19~148km)に分断された水域がある。なお、前年の同水帯は、金華山沖30~180海里(56~333km)から北上し、その先端は六ヶ所村沖190海里(352km)にあった。また、小規模の同水温帯が黒埼沖30海里(56km)にあった。