2017年ホタテガイ採苗情報(第11報)

PDFファイルはダウンロードページにあります。

Pocket

平成29年6月28日
協力機関:沿海振興局水産部・水産振興センター、関係漁業協同組合

稚貝の付着は終盤に入りました。

調査結果の概要

唐丹湾での水深10m層の水温は13.1℃、透明度は11.5m(6月27日)。
唐丹湾の小型ラーバの出現数は91個/m3(前回87個/m3)、大型ラーバの出現数は11個/m3(前回 40個/m3)。
ホタテガイ付着稚貝数は292個/袋(15日間)で、一週間当たりに換算すると136個/袋と前回の309個/袋よりも減少し、付着直後の割合いも4%まで低下したことから、付着は終盤に突入。
<北海道の状況(6月13日発行 第2回噴火湾ホタテガイ情報)>
ホタテガイの付着が始まっており、6月中~下旬にかけて、まとまった付着が見込まれる。

20170628scallopseed001

今期の採苗情報は今回で終了となります。7月下旬に付着状況調査を行い、臨時採苗情報を発行する予定です。