2018年サンマ漁場調査情報No1

PDFファイルはダウンロードページにあります。

Pocket

平成30年10月18日
20181018saury_info

10月16日に、岩手県海域において岩手県漁業指導調査船「岩手丸」によるサンマ漁場調査を行いましたので、結果をお知らせします。

黒埼沖100海里で魚群を確認。

表面水温は18.2℃。

漁獲物の肉体長は24~32cm、主体は30cm台でした。

1.水温

調査点(黒埼沖100海里)における表面水温は18.2℃、50m深は10.0℃となっていました。

2.調査結果

調査点(図1)における漁獲量は0.5トンで、網数は1回でした。漁獲されたサンマの肉体長(下あごから尾びれの肉質部末端までの直線距離)の範囲は、24~32cm(主体は30cm台)でした(図2)。魚体重140g以上を大、120g以上~140g未満を中、120g未満を小としたときの魚体組成(大:中:小)は、1:2:7でした(図3)。また、混獲物としてマイワシが少々漁獲されました。

担当:漁業資源部(佐藤)