2019年サケ稚魚放流情報No3

PDFファイルはダウンロードページにあります。

Pocket

平成31年4月18日

160519ketafry000

低水温で推移していた湾内の表面水温は、平年並まで上昇しています。

動物プランクトン沈殿量は、増加時期に入ったと考えられます。

過密飼育に注意して管理し、放流サイズに達した稚魚の放流を進めてください。

1.表面水温(℃)

  宮古湾 山田湾 唐丹湾 越喜来湾 大船渡湾
観測値(4/8、9) 8.1 7 7.4 6.6 6.5
平年* 7.7 7.2 7.2 7.4 7.9
前年同期 7.5 7.5 7.3 7.4 8.9

各湾の表面水温は、平年と比較して、越喜来湾と大船渡湾で1℃程度低め、宮古湾、山田湾、唐丹湾で平年並み、前年同期と比較して、越喜来湾と大船渡湾で1~2℃低い他、前年並みとなっており、全体として平年並みまで上昇しています。

2.動物プランクトン沈殿量(ノルパックネット鉛直20m曳き、ml/m3)

  宮古湾 山田湾 唐丹湾 越喜来湾 大船渡湾
観測値(4/8、9) 1.1 3.97 4.24 1.39 1.45
平年* 1.58 0.9 1.41 1.28 1.1
前年同期 2.62 0.76 0.1 0.37 2.81

動物プランクトン沈殿量は、平年と比較して、宮古湾でやや少ない他、各湾とも多くなっており、前年と比較して、宮古湾と大船渡湾で少ない他、各湾ともきわめて多くなっており、全体的に増加時期に入ったと考えられます。

3.山田湾における水温・塩分・動物プランクトン連続モニタリング結果**

(1)氷場漁場において、音響機器(プロファイラー)で連続観測を実施しています。
(2)平成31年4月16日現在、氷場漁場は水温7.6℃、塩分33.66となっています(図2)。
(3)動物プランクトン密度は、1mm以下の小型のものを中心として、やや上昇してきました(図3)。

4.その他

(1)北上丸による沿岸海洋観測・動物プランクトン発生状況調査によるものです。
(2)いわて大漁ナビ(http://www.suigi.pref.iwate.jp/)の定地水温情報・衛星画像や、当センター発行の海況情報等も参考にしてください。

*平年は過去14~16年間の同期の平均値。
**平成30年度まで先端技術展開事業「天然資源への影響を軽減した持続的な漁業・養殖業生産システムの実用化・実証研究委託事業」、平成31年度は「さけ・ますふ化放流抜本対策事業」による研究成果(モデル海域:山田湾)

20190418ketafry001

図1 5湾における動物プランクトン沈殿量,表面水温の季節変化


20190418ketafry002

図2 山田湾(氷場漁場、10m深)における水温・塩分の日変化
(平成31年4月16日現在)


20190418ketafry003

図3 山田湾(氷場漁場、10m深)におけるプランクトン密度の日変化
(平成31年4月16日現在)