2019年度 サンマ長期漁海況予報(漁況情報号外)

PDFファイルはダウンロードページにあります。

Pocket

令和元年7月31日発行

対象海域:北西太平洋(道東海域から常磐海域)

対象漁業:サンマ棒受網(8月から12月)

来遊量:漁期を通じた来遊量は、昨年を下回る。9月中旬までの来遊量は極めて低調に推移するが、9月下旬以降に増加する。

魚体:漁期を通じて前年より1歳魚の割合が低い(1歳魚の体長は、6~7月のサンマ資源量直接推定調査時に27cm以上、8月以降の漁期中は29cm以上)。

漁期・漁場:大型船出漁直後(8月下旬) の漁場は、択捉島以北の海域に分散して形成される。近年の傾向から、魚群は親潮第2分枝に沿って南下すると考えられる。このため、その後の漁場は沖合を中心に形成され、道東沿岸の親潮第1分枝沿いでは漁場がほとんど形成されない。三陸海域への魚群の南下時期は例年より遅れ、漁場形成は10月下旬となる。大型船出漁直後(8月下旬)の漁場は択捉島以北の海域に形成される。9月中旬には色丹島付近まで南下するが、その後は親潮第1分枝から第2分枝にかけて漁場は分散する。三陸海域への魚群の南下時期は例年(10月上旬)より遅れて、漁場形成は10月中旬となる。

7月31日に、水産庁から 「令和元年度サンマ長期漁海況予報(道東~常磐海域)」が発表されましたので概要をお知らせします。

海況(令和元年8~9月)の今後の見通し

親潮第1分枝の南限はやや南偏~かなり南偏で推移する
近海の黒潮続流の北限はやや北偏で推移する

20190731saury_info001

図1 9月中旬予測水温分布図


赤太線 200m水温14℃等温線(黒潮続流)
赤線 津軽暖流・暖水塊縁辺部
緑線 100m水温10℃等温線(黒潮系暖水北縁)
青線 100m水温5℃等温線(親潮水域南縁)

KE:黒潮暖流 WR:暖水塊
TW:津軽暖流
O1:親潮第1分枝
O2:親潮第2分枝 W:暖水塊
C:冷水塊

20190731saury_info002

図2 サンマ資源量直接推定調査で推定された経度10度ごとの体長および年齢組成

ご意見等は、漁業資源部(担当: 佐藤)までお寄せ下さい。

詳しくは下記のURLからご覧ください。
・令和元年度サンマ長期漁海況予報 (水産庁ホームページ 報道発表資料)
URL http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/sigen/190731.html