2019年大型クラゲ出現情報(No2)

PDFファイルはダウンロードページにあります。

Pocket

令和元年10月17日

本県での大型クラゲの大量出現の可能性は低い

一般社団法人漁業情報サービスセンターがとりまとめた結果の概要を紹介します。

1.本県における大型クラゲ出現状況(図1)

9月21日に久慈地区の定置網で2個体の入網が確認されましたが、それ以降の出現は確認されておりません。

2.全国の大型クラゲ出現状況の概要(図1)

最近2週間の出現状況は、日本海側では底びき網で、東北太平洋側では定置網及び底びき網で確認されております。ただし、いずれも散発的であり少量の入網にとどまっています。

※7月下旬に長崎県から島根県の広範囲で大量出現が確認されたため、本県への大量来遊が心配されましたが、8月以降は全国的に減少傾向で推移しています。

上記1及び2の情報から判断すると、本県での大量出現の可能性は低いと考えられます。ただし、少量でも操業に影響がでることもありますので、定期的な情報収集をお願いします。
また、県内での入網状況や目撃情報などありましたら、最寄りの水産部、水産振興センター、または水産技術センターまでお知らせください。

20191017jellyfish_info001

図1 10月16日に漁業情報サービスセンターが発表した大型クラゲの出現情報
漁業情報サービスセンター大型クラゲ出現情報(http://www.jafic.or.jp/kurage/)より引用


(参考)
大型クラゲに関する情報は、漁業情報サービスセンターが随時ホームページで公開しておりますので、併せて御覧ください(URL:http://www.jafic.or.jp/kurage/)。

担当:漁業資源部(担当:児玉)
お問い合わせ先
電話:0193-26-7915
FAX:0193-26-7910
E-mail: CE0012@pref.iwate.jp