令和2年度 業務方針

各種情報一般(PDFファイル)のダウンロードページはこちら

Pocket

令和2年度 岩手県水産技術センター業務方針(令和2年4月16日)

-令和2年度のキャッチフレーズ-
「技術で革新! All for one!!」

私たちは、「いわて県民計画(2019~2028)」を踏まえ、本県水産業の再生・発展と、復興のその先も見据えた地域振興に向け、環境から生産・経営、加工、流通、消費に至るまで総合的な調査研究を通じて、漁業者、流通加工業者等を支援していきます。

組織プロフィール

東日本大震災津波等で被災した沿岸地域の経済復興には水産業の再生・発展が重要であることから、「いわて県民計画(2019~2028)」と連動した水産業の再生と、長期計画である「『農林水産技術立県いわて』技術開発基本方針」に基づく、漁場環境から生産、加工、流通、消費に至るまでの一貫した調査研究と普及指導に取り組み、漁業及び水産流通加工業の発展を支援していきます。

主な業務

  • 操業の効率化や資源管理等のための技術と情報
  • 増殖種苗の確保や資源管理等のための技術と情報
  • 養殖種苗の確保、養殖管理の適正化・効率化、安全確保や漁場環境保全のための技術と情報
  • 加工品や製品開発、高鮮度流通のための技術と情報の提供
  • 食の安全に関する調査結果、沿岸環境の実態及び水産資源の動向等に関する情報

組織を取り巻く環境

東日本大震災津波や度重なる台風被害等から漁業と流通業・加工業の一体的な復興が進んでいます。
一方で、近年は秋サケ、サンマ等主要魚種の漁獲が減少し、逆にブリ、マイワシ等の漁獲が増加するなど、資源動向に変化が見られています。
また、ワカメやホタテガイ等の養殖生産量、アワビやウニ等の採介藻漁業生産量も震災前の水準には回復しておらず、アワビの資源回復の遅れは、餌料となる大型海藻類の繁茂量の不足等が指摘されています。
なお、専業経営体は増加傾向にあるものの、漁業就業者は高齢化と後継者不足により、依然として減少傾向にあることから、引き続き、漁業・養殖業生産量の維持・回復や担い手の確保・育成などの取組みが求められています。
このため、水産業の再生支援のための技術開発等にあっては、本県水産業を取り巻く環境とその変化を的確に捉え、大学や研究機関、民間団体等との連携を維持・強化するとともに、「いわて県民計画(2019~2028)」と連動した 「岩手県水産試験研究中期計画(2019~2023)」を着実に実施し、得られた成果を顧客に広く普及・広報していく必要があります。

令和2年2月16日に、当センター職員の酒気帯運転・死亡事故という極めて重大な事案が発生し、県民の皆様の信頼を大きく失墜させてしまいました。失った信頼を回復することは容易ではありませんが、再発防止はもとより「飲酒運転の撲滅」に向けた取組を推進していく必要があります。

本年度の業務における主要課題(担当部署)

  • 1 漁業経営の高度化・安定化に関する研究開発(企画指導部)
  • 2 食の安全・安心の確保に関する技術開発
    • (1) 二枚貝等の貝毒に関する研究(漁場保全部)
  • 3 生産性・市場性の高い産地形成に関する技術開発
    • (1) 秋サケ増殖に関する研究(漁業資源部)
    • (2) アワビ・ウニ等の増殖に関する研究(増養殖部)
    • (3) 海藻類養殖の生産効率化に関する研究(増養殖部)
    • (4) 二枚貝等養殖の安定生産に関する研究(増養殖部)
  • 4 水産資源の持続的利用のための技術開発
    • (1) 漁業生産に影響を与える海況変動に関する研究(漁業資源部)
    • (2) 定置網及び漁船漁業における主要漁獲対象資源の持続的利用に関する研究(漁業資源部)
    • (3) 震災による磯根資源への影響を考慮したアワビ・ウニ資源の持続的利用に関する研究(増養殖部)
  • 5 いわてブランドの確立を支援する水産加工技術の開発
    • (1) 加工技術の開発に関する研究(利用加工部)
    • (2) 県産水産物の特徴等を生かした加工品開発等に関する研究(利用加工部)
    • (3) 県産水産物の高鮮度流通に関する研究(利用加工部)
    • (4) 低・未利用資源の有効利用に関する研究(利用加工部)
  • 6 恵まれた漁場環境の維持・保全に関する技術開発
    • (1)主要湾の底質環境に関する研究(漁場保全部)
    • (2)県漁場環境保全方針に定める重点監視水域(大船渡湾・釜石湾)の環境に関する研究(漁場保全部)
    • (3) ワカメ養殖漁場の栄養塩に関する研究(漁場保全部)
  • 7 漁村復興を担う地域リーダーの活動支援及び新規就業者の定着支援(水産業普及指導員)

組織運営課題

  • 働き方改革の実現
  • 飲酒運転の撲滅