施設概要

PDFファイルはダウンロードページにあります。


所在地

郵便番号: 026-0001
住所: 岩手県釜石市大字平田3-75-3
岩手県水産技術センター
Tel: 0193-26-7911(代)
FAX: 0193-26-7920
e-mail: CE0012@pref.iwate.jp
各部直通の電話番号はこのページの組織で確認できます。

施設外観

施設配置図

  • 1.来客用駐車場
  • 2.職員用駐車場
  • 3.スポーツヤード
  • A.研究管理棟
  • B.エントランスホール
  • C.水産加工開放実験棟
  • D.種苗開発棟
  • E.漁具倉庫
  • F.ろ過棟
  • G.潜水棟・ポンプ室
  • H.野外水槽
  • I.野外水槽
  • J.人工潮流
  • K.展望テラス

組織

電話番号は各部直通のダイヤルインです。

  • 所長
    • 副所長
      • 総務部
        • 0193-26-7911
      • 企画指導部
        • 0193-26-7914
      • 首席水産業普及指導員
        • 0193-26-7935
      • 漁業資源部
        • 0193-26-7915
      • 指導調査船
    • 副所長
      • 利用加工部
        • 0193-26-7916
      • 増養殖部
        • 0193-26-7917
      • 漁場保全部
        • 0193-26-7919

沿革

  • 2010年(平成22年)
    • 水産試験場開設から100周年を迎える
  • 2006年(平成18年)
    • 岩手県行財政構造プログラムにより総務部、企画指導部、漁業資源部、利用加工部、増養殖部及び漁場保全部の6部制に改編(種苗開発部廃止)
  • 2001年(平成13年)
    • さけます研究室廃止
  • 1999年(平成11年)
    • 組織改編により、水産業専門技術員を水産技術センターへ移管
  • 1994年(平成6年)
    • 現庁舎完成。岩手県南部栽培漁業センター及び北部栽培漁業センターの試験研究部門を統合するなどして総務部、企画指導部、漁業資源部、利用加工部、増養殖部、種苗開発部、漁場保全部及び、さけます研究室の7部1室体制にし、名称を「水産試験場」から「水産技術センター」に変更して開所
  • 1989年(平成元年)
    • 漁船技術員養成所を廃止
  • 1982年(昭和57年)
    • 加工実験室を開放実験室として業者に開放
  • 1981年(昭和56年)
    • 気仙分場、赤崎実験所及び水産種苗センター廃止機構改革により増殖部、下閉伊分場、九戸分場は岩手県栽培漁業センターへ移管
  • 1980年(昭和55年)
    • 宮古市津軽石に下閉伊分場の付属施設として、さけ・ます実験所開設
  • 1973年(昭和48年)
    • 機構改革により庶務、漁業、増殖、環境保全、加工の5部制となり新たに専門技術員が駐在
  • 1970年(昭和45年)
    • 九戸分場を開設
  • 1969年(昭和44年)
    • 庁舎及び付属施設を新築
  • 1967年(昭和42年)
    • 宮古市大沢に水産種苗センターと下閉伊分場を開設
  • 1956年(昭和31年)
    • 漁業用海岸局を釜石市大平地区に新築移転
  • 1953年(昭和28年)
    • 気仙分場を開設
  • 1950年(昭和25年)
    • 赤崎実験所を開設
  • 1948年(昭和23年)
    • 漁船技術員養成所を併設
  • 1939年(昭和14年)
    • 庁舎及び漁業用海岸局を釜石市新浜町に新築移転
  • 1933年(昭和8年)
    • 大津波により、大槌さけ人工ふ化場設備一切流失
  • 1929年(昭和4年)
    • 漁業用海岸局を設置
  • 1927年(昭和2年)
    • 津軽石・大槌及び釜石さけ人工ふ化場を水産試験場に移管
  • 1920年(大正9年)
    • 庁舎を釜石町(現在の釜石市只越町)に新築移転
  • 1910年(明治43年)
    • 宮古町(現在の宮古市)にあった県立水産学校校舎に併設して水産試験場を創立