各部紹介-増養殖部

PDFファイルはダウンロードページにあります。

Pocket

増養殖部

磯根資源調査

岩手県はアワビの都道府県別水揚量が全国1位、ウニ類が北海道に次いで第2位となっています。これらの磯根資源の現存量や、餌となる海藻類の生育量を調べるため、毎年決まった時期に潜水による資源量調査を行っています。この結果から、資源が増えているのか減っているのかが推測でき、各漁業協同組合が開口回数や漁獲量を決定する際の参考となっています。

アワビ増殖に関する研究

岩手県のアワビ生産量は全国1位で、たいへん重要な魚種です。天然のアワビ資源は、海況変動等の影響で激しく増減するため、資源を維持・増大させる目的で、漁業協同組合が人工種苗を生産・放流しています。種苗の生産・放流には多くの手間と費用が掛かるので、増養殖部では、より効率の良い種苗生産技術の研究・開発を行っています。

カキ種苗生産試験

岩手県のカキ生産量は全国4位の重要な養殖業ですが、他県産種苗が不足するような事態に備え、自県産種苗の安定確保ができるように、種苗生産試験を行っています。天然採苗(天然の海に発生する幼生を採苗器に付着させて稚貝を採る方法)については、いつ・どこで・どれくらい、カキの稚貝が採れるのかを調べています。
人工種苗については「シングルシード」というカキをバラバラの状態で育てる方法について試験を行っています。

養殖ワカメ性状調査

ワカメは岩手県を代表する養殖業であり、全国1位の生産量を誇る重要な産業です。ワカメは、水温や栄養塩の変化などによって生産量や品質が左右されやすいため、増養殖部では、生産者が収穫の参考になるようにと、昭和56年から毎年、養殖ワカメの性状調査を実施し、長さ、重量などを計測・記録してきました。また、ワカメの調査研究は、海況、栄養塩、加工品質など、幅広い分野での総合的研究が求められており、漁業資源部、漁場保全部、利用加工部とも連携して調査・研究を進めています。

ホタテガイ養殖試験

岩手県のホタテガイ養殖は、全国4位の生産量で、重要な養殖品目となっています。ホタテガイ養殖業者は、稚貝確保のための採苗器を春期に投入しており、増養殖部では、採苗器投入適期の参考としてもらうため、毎年4~7月にホタテガイの幼生・付着稚貝出現状況等の情報を、生産者に提供しています。養殖ホタテガイへ大量に付着するヨーロッパザラボヤ(外来種)の付着を軽減するための調査・研究、養殖施設の台風等による振動と成長・へい死の関係などについても研究しています。

-こんにちは、増養殖部です。-

当部では、アワビ、ウニ等の磯根資源に関する試験研究を行うとともに人工種苗の放流技術指導や種苗生産施設への技術指導を行っています。また、ワカメ、コンブ、ホタテ、カキ、ホヤ養殖に関する試験研究を行うとともに、現場への技術指導や情報提供を行っています。岩手県沿岸の磯根資源や養殖に関する技術的支援を行い、生産者が安定的に海産動植物を生産できるように取り組んでいますので、何か疑問な点がありましたら、気兼ねなくご相談下さい。

※増養殖部へのお問い合わせ
電話番号:0193-26-7917