2016年ホタテガイ採苗情報(第6報)

PDFファイルはダウンロードページにあります。


平成28年5月16日
協力機関:沿海振興局水産部・水産振興センター、関係漁業協同組合

大型ラーバの割合が高く、稚貝の付着も順調。

調査結果の概要

唐丹湾の水深10m層の水温は10.6℃で、透明度は8mでした。
全ラーバ数に占める200μm以上の大型ラーバの割合が高くなっています。
試験採苗器への稚貝付着数が前回より増えました。
他の調査定点でも稚貝の付着数が増えました。

160516scallopseed001

次報は、5月23日に発行する予定です。