2017年サケ稚魚放流情報No2

PDFファイルはダウンロードページにあります。


平成29年3月16日

160519ketafry000

表面水温は、いずれの湾でもサケの適水温の範囲内にあります。

動物プランクトン沈殿量は増加傾向にあり、平年・前年と同程度~上回っています。

飼育密度が超過しないよう計画的に放流を進めてください。

1.表面水温(℃)

宮古湾 山田湾 唐丹湾 越喜来湾 大船渡湾
観測値 (3/6,8) 8.1 8.1 8.3 7.9 7.3
平年* 5.9 5.2 4.9 5.7 6.6
前年同期 8.7 8.2 9.3 8.5 8.3

平年比では1~3℃程度高め、前年比では1度程度低め~1℃程度高めで推移しています。いずれの湾でもサケの適水温(5~13℃)の範囲内にあります。

2.動物プランクトン沈殿量(ノルパックネット鉛直20m曳き、ml/m3)

宮古湾 山田湾 唐丹湾 越喜来湾 大船渡湾
観測値 (3/6,8) 0.99 2.36 0.65 0.57 1.03
平年* 0.47 0.16 0.36 0.27 0.52
前年同期 0.65 0.24 0.52 0.72 0.13

前年・平年と比較して、概ね同程度~上回る値となっています。

3.今後の水温の見通し

1ヵ月後(4月中旬)の水温を予測したところ、すべての手法で平年に比べてやや高め~高め(7.7~9.1℃)と予測されました(モデル海域:山田湾)。
異常冷水現象(沿岸域で5℃以下の水温が2週間以上持続する現象)は、4月上旬までは発生する可能性は低いと判定されました。

4.その他

(1) 北上丸による沿岸海洋観測・動物プランクトン発生状況調査によるものです。
(2) いわて大漁ナビの定地水温情報・衛星画像や、当センター発行の海況情報等も参考にしてください。
*平年は過去12~14年間の同期の平均値
**先端技術展開事業「天然資源への影響を軽減した持続的な漁業・養殖業生産システムの実用化・実証研究委託事業」による研究成果

20170316ketafry

図 5湾における動物プランクトン沈殿量,表面水温の季節変化