2017年サケ稚魚放流情報No4

PDFファイルはダウンロードページにあります。


平成29年5月10日

160519ketafry000

宮古、山田、唐丹、越喜来、大船渡の各湾の表面水温は、サケ稚魚の成長速度が最も大きくなる10℃前後*1となっており、また、各湾の動物プランクトン現存量も増加傾向にあります。

放流適期(5月上旬まで)は過ぎていますので、ふ化場で飼育している稚魚については、速やかに放流して下さい。

1.表面水温(℃)

宮古湾 山田湾 唐丹湾 越喜来湾 大船渡湾
観測値 (4/25,27) 9.3 9.4 8.4 9.9 10.9
平年*2 8.5 8.6 7.8 8.1 9.4
前年同期 10.0 9.5 9.4 9.8 10.8

平年比では0.6~1.8℃程度高め、前年比では1℃程度低め~前年並みであり、いずれの湾もサケ稚魚の成長速度が最も大きくなる10℃前後となっています。

2.動物プランクトン沈殿量(ノルパックネット鉛直20m曳き、ml/m3)

宮古湾 山田湾 唐丹湾 越喜来湾 大船渡湾
観測値 (4/25,27) 2.70 3.81 1.83 1.23 0.39
平年*2 2.62 1.46 2.79 3.20 1.33
前年同期 1.10 2.32 0.59 0.53 0.14

平年と比較して山田湾以北は上回り、唐丹湾以南は下回る値となっていますが、各湾とも増加傾向にあり、前年同期と比較して大きく上回る値となっています。

3.今後の水温の見通し*3

1ヵ月後(6月上旬)の山田湾の水温は、やや高い~極めて高い(12.2~13.4℃)と予測され、6月上旬には適水温(5~13℃)を超える見込みとなっています。

4.その他

平成28年級のサケ稚魚放流に係る情報については、本号をもって終了します。

*1 稚魚の成長速度は1.0mm/日に達し、概ね尾叉長80mm以上が離岸サイズであることから、50mmの稚魚を放流する場合、5月上旬までに放流を終わらせて6月上旬まで30日間確保することが重要。
*2 平年は過去12~14年間の同期の平均値
*3 先端技術展開事業「天然資源への影響を軽減した持続的な漁業・養殖業生産システムの実用化・実証研究委託事業」による研究成果(モデル海域:山田湾)

20170511ketafry001

図 5湾における動物プランクトン沈殿量,表面水温の季節変化