2020年度ワカメ養殖情報第4号

ワカメ養殖情報(PDFファイル)のダウンロードページはこちら

Pocket

令和2年12月22日発行

11月30日から12月3日に実施した海洋観測の0海里表面の栄養塩は、黒埼42µg/L、トドヶ埼37µg/L、尾埼41µg/L、椿島44µg/Lでした(図1)。

船越湾吉里吉里漁場で12月15日に測定した表面の栄養塩は47µg/Lでした。引き続き、栄養塩や水温の変化に注意して養殖管理を行ってください。

20201222undaria_farming001

(図1)0海里での栄養塩濃度の推移

20201222undaria_farming002

(図2)今後の水塊分布予想図
水産研究・教育機構公表の2020年度第4回東北海区海況予報より引用

今後の見通し(~令和3年1月)のポイント

・近海の黒潮続流の北限位置は、やや南偏で推移する。
・親潮第1分枝の張り出しは、極めて南偏からやや北偏で推移する。
・常磐沖に親潮第1分枝に連なる冷水塊が形成され、三陸沖の暖水塊は停滞する。

(参考)三陸沿岸の水温情報サイト

「東北ブロック沿岸水温速報」(PCサイト)

「いわて大漁ナビ」
県内6湾の定地水温情報を1時間毎に確認できるほか、人工衛星画像で沖合の水温状況も把握できます。