2019年度秋サケ回帰情報(No3:後期分)

秋サケ回帰情報(漁況情報号外・PDFファイル)のダウンロードページはこちら

Pocket

令和2年1月15日
161201ketacycle000

12月31日までの回帰尾数は、前年比21%の74万尾。

依然として3歳魚と5歳魚の割合が高く、4歳魚は例年になく低くなっています。

1.回帰資源量

12月31日現在の本県回帰尾数は74万尾(2,184トン)で前年比21%(重量比22%)(図1)。内訳をみると、沿岸漁獲は59万尾(前年比20%)、河川漁獲は11万尾(前年比25%)。種卵確保対策による海産親魚は4万尾(前年比96%)、1尾あたりの平均体重は2.96kgと前年(2.92kg)をやや上回りました。また、河川そ上率は14%と前年(12%)を上回りました。
なお、当センターが発表した12月下旬までの回帰予測尾数(全数)は305万尾であり、予測の24%となりました。

20200115ketacycle001

図1 本県回帰尾数の推移

2.回帰親魚調査結果(後期:12月11日から12月31日までの分)

12月11日から12月27日にかけて、片岸、織笠、津軽石の各河川において回帰親魚調査(片岸川160尾、織笠川397尾、津軽石川383尾)を行いました。

(1)年齢組成

片岸川
オスは3歳魚25%、4歳魚13%、5歳魚60%(H30:3歳魚3%、4歳魚81%、5歳魚13%)、メスは3歳魚16%、4歳魚4%、5歳魚80%(H30:3歳魚10%、4歳魚83%、5歳魚16%)で、前年同期と比べるとオス・メスともに4歳魚の割合が低く、3、5歳魚の割合が著しく高くなりました(図2)。
年齢査定の結果に河川回帰尾数(R1:834尾、H30:838尾)を乗じて算出した年齢別回帰尾数を見ると、4歳魚が前年の10%と大きく下回り、3歳魚が前年の19倍、5歳が前年の5倍と大きく上回りました(図3)。

織笠川
オスは3歳魚52%、4歳魚18%、5歳魚30%(H30:3歳魚2%、4歳魚87%、5歳魚10%)、メスは3歳魚26%、4歳魚18%、5歳魚55%(H30:3歳魚1%、4歳魚87%、5歳魚12%)で、前年同期と比べると、オス・メスともに4歳魚の割合が低く、3、5歳魚の割合が著しく高くなりました(図4)。
年齢査定の結果に河川回帰尾数(R1:1,723尾、H30:4,533尾)を乗じて算出した年齢別回帰尾数を見ると、3歳魚が前年を大幅に上回り前年の11倍、4歳魚が前年を大きく下回り前年の8%、5歳魚は前年の145%と上回りました(図5)。

津軽石川
オスは3歳魚5%、4歳魚20%、5歳魚73%(H30:3歳魚1%、4歳魚56%、5歳魚37%)、メスは3歳魚9%、4歳魚19%、5歳魚69%(3歳魚1%、4歳魚69%、5歳魚29%)で、前年同期と比べると、4歳魚の割合が低く、5歳の割合が高くなりました(図6)。
年齢査定の結果に河川回帰尾数(R1:7,905尾、H30:20,631尾)を乗じて算出した年齢別回帰尾数を見ると、3歳魚が前年の5倍と大きく上回り、4歳魚が前年の12%と大きく下回り。5歳魚は前年の85%となりました(図7)。

(2)年齢別尾叉長、体重、肥満度

片岸川
魚体測定の結果、オスの尾叉長は68.4cm、体重は3.0kg、肥満度※は9.0、メスの尾叉長は70.1cm、体重は3.4kg、肥満度※は9.4でした。
前年同期と比較すると、オスでは、3歳魚の尾叉長、体重以外はすべて前年よりも小さく、メスでは5歳魚の尾叉長、体重及以外はすべて前年よりも小さい傾向にありました(表1)。
肥満度=体重/(体長/10)3×1,000
表1 片岸川年齢別尾叉長・体重・肥満度
(オス)

  尾叉長
(cm)
体 重
(kg)
肥満度
R1 H30 R1 H30 R1 H30
3歳魚 61.5 58.5 2.1 1.8 8.8 9.1
4歳魚 65.4 67.1 2.4 2.9 8.3 9.5
5歳魚 71.8 73.5 3.5 4.4 9.3 10.8
全体平均 68.4 67.9 3 3.1 9 9.7

(メス)

  尾叉長
(cm)
体 重
(kg)
肥満度
R1 H30 R1 H30 R1 H30
3歳魚 62.2 2.1 8.8
4歳魚 63 66.2 2 2.9 8.1 9.7
5歳魚 71.9 70.3 3.7 3.5 9.6 9.8
全体平均 70.1 67 3.4 3 9.4 9.7

織笠川
魚体測定の結果、オスの尾叉長は66.0cm、体重は2.7kg、肥満度は9.1、メスの尾叉長は69.3cm、体重は3.5kg、肥満度は10.0でした。
前年同期と比較すると、尾叉長と体重は、オスでは3歳魚を除いて小さく、メスでは各年齢とも前年並みから大きい傾向がありました。また、肥満度は、オスでは3歳魚を除いて低く、メスでは5歳魚を除いて低くなりました(表2)。

(オス)

  尾叉長
(cm)
体 重
(kg)
肥満度
R1 H30 R1 H30 R1 H30
3歳魚 62.1 61 2.2 2.1 9 8.9
4歳魚 66.9 68.3 2.7 3.2 8.9 9.8
5歳魚 72.1 73.1 3.7 4.1 9.6 10.2
全体平均 66 67.1 2.7 3 9.1 9.6

(メス)

  尾叉長
(cm)
体 重
(kg)
肥満度
R1 H30 R1 H30 R1 H30
3歳魚 62.4 60.6 2.3 2.2 9.4 9.7
4歳魚 68.3 68.5 3.2 3.2 9.9 10
5歳魚 72.8 71.4 4 3.7 10.3 10.1
全体平均 69.3 67.7 3.5 3.1 10 9.9

津軽石川
魚体測定の結果、オスの尾叉長は77.8cm、体重は5.1kg、肥満度は10.5、メスの尾叉長は72.6cm、体重は4.2kg、肥満度は10.5でした。
前年同期と比較すると、尾叉長と体重は、オスでは各年齢で大きく、メスでは4歳魚を除いて小さくなりました。また、肥満度はオスでは4歳魚を除いて低く、メスでは3歳魚を除いて高くなりました(表3)。
(オス)

  尾叉長
(cm)
体 重
(kg)
肥満度
R1 H30 R1 H30 R1 H30
3歳魚 64.4 56 2.5 1.7 9 9.4
4歳魚 75.2 72.1 4.6 4 10.4 10.3
5歳魚 79.5 77.7 5.4 5.3 10.6 10.9
全体平均 77.8 74.3 5.1 4.5 10.5 10.5

(メス)

  尾叉長
(cm)
体 重
(kg)
肥満度
R1 H30 R1 H30 R1 H30
3歳魚 63.6 66 2.5 2.8 9.6 9.7
4歳魚 70.1 69.1 3.7 3.4 10.6 10.2
5歳魚 74.5 75.3 4.5 4.6 10.7 10.5
全体平均 72.6 71.1 4.2 3.8 10.5 10.3

(3)孕卵数および卵重量

津軽石川(12月12日、12月24日)
津軽石川のメス1尾あたりの孕卵数は平均3,274粒、卵1粒あたりの重量は0.25g、生殖腺指数※は18.6でした。
4歳魚及び5歳魚の各測定値を前年と比較すると、4歳魚では卵重量と生殖腺指数以外の測定値で前年を上回り、5歳魚では全ての測定値で前年を下回りました(表4)。
※ 生殖腺指数=生殖腺重量/体重×100
表4 津軽石川 年齢別繁殖形質

  3歳魚 4歳魚 5歳魚 全体
R1 H30 R1 H30 R1 H30 R1 H30
尾叉長(cm) 64.6 70.5 70.2 75.1 77.4 73.6 72.6
体重(kg) 2.64 3.79 3.68 4.68 5.08 4.39 4.15
生殖腺重量(kg/尾) 0.50 0.73 0.72 0.85 0.94 0.80 0.80
孕卵数(粒/尾) 2,869 3,162 3,024 3,333 3,418 3,274 3,155
卵重量(g/粒) 0.17 0.23 0.24 0.26 0.27 0.25 0.25
生殖腺指数 18.8 19.3 19.7 18.4 18.6 18.6 19.3

3.その他

(1)年齢別回帰尾数について
12月末までに明らかとなった片岸川、織笠川、津軽石川のそ上魚の年齢組成をもとに、12月31日までの県全体の年齢別回帰尾数を推定しました(図8)。
令和元年の予測値と実績値を比較すると、実績値はすべての年齢で下回り、特に主力となる4歳魚では予測の107万尾減、5歳魚では120万尾減となりました。
平成24年から経年的に見ても、令和元年の4歳魚は、平成26年の4歳魚(東日本大震災津波により稚魚が被災)よりも少ない尾数となりました。

20200115ketacycle008

図8 年齢別回帰尾数と令和元年度回帰予測値


(2)その他
12月31日時点での県全体の計画卵数に対する採卵の進捗は43%と、きわめて厳しい状況にあります。今後、例年以上に種卵、仔魚及び稚魚管理を徹底し、健康な稚魚の飼育、放流に努めることが重要です。